1. HOME
  2. ブログ
  3. 医療コメント

医療コメント

歌舞伎俳優の市川海老蔵さんの病状について、読売新聞の取材にコメントした。

実は、こういう場合のコメントは、とても難しい。

担当の記者さんとは、以前からのお付き合いなので、ほぼお任せで大丈夫なのだが、そうでない場合は本当に厄介だ。

とりわけ記事の書き手が、すでになんらかのストーリーを組み立てている場合、質問はその裏をとるものになる。

「ということは、**である、といって良いですか」
「えっ、まあ、そういうことになりますね・・」

「そうなると、将来、○○になってしまう心配がありますね!」
「う〜ん、そうばかりでもないんですが・・」

「将来○○になった場合は、この事故が原因ということもできますよね!!」
「・・・できなくもないですが・・・・」

「では、今回の件で、○○になるリスクを負ってしまったが、それはあまりに大きい代償だった、ということでしょうか。」
「ちょっと、待って下さい。見てもないですし、診断もできてないものを、仮定でそこまで言い切ることはできません。」

「・・・わかりました。じゃ、仮定、ということで結構ですから・・・」

やめてくれ〜 むちゃな。おそろしすぎる。

でも、こういうマスコミ、結構居るんですわ。
お気を付けください。

読売の健康面は、大丈夫です。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

最近の投稿

カテゴリー