1. HOME
  2. ブログ
  3. 1mmで 何がかわるか

1mmで 何がかわるか

シャツを仕立てに行った。

以前の採寸とほとんど変わっていなくて、うへっ、と小さく喜んだ。

ただ、前回の仕立てが、ややゆったり目だったので、少しタイトにしてもらうことにした。
幸い、シャツ姿で体を大きく動かすことも少ないので、肩の位置も少し寄せた。

襟高も5mm低めにして、落ち着きを取り入れる。

不思議だが、こうしたわずかの差が、全体の印象を大きく変える。

実は、鼻のオペも、全く同じだ。
1mmで、変わる。
最後の最後で、ここに軟骨の厚み(0.7mm)が欲しい! となって、新たに採取することもある。

だから、難しい。ミスジャッジが怖い。
ここで、気づかなかったら・・・ということだ。

クオリティーは、細部に宿る。
ささいな違いが、大きな質に反映される。

形成外科医なら、当然、知るべきことだろう。

ということで、Plastic Surgeonには、シャツを仕立ててみるのをお勧めします。
(バーゲンの時期だと、既製品より安いくらい)
無駄なくフィットしたシャツは、気持ちよいよ。
仕事も、はかどる、目も肥える。

関連記事

最近の投稿

カテゴリー

月を選択