1. HOME
  2. ブログ
  3. ボーダーレス

ボーダーレス

Norah Jones の共演アルバムを聴いてたら、他にもいろいろと思い出した。

Sting が当時 cutting edge の 若手 jazz ~ fusion musician と共演していたライブ。
ものすごいメンバーとのギグだ。

もちろんプロモーターも絡んでセッティングしたんだろうけど、オファーをした(受けた)Stingはどういう気分だったんだろう。
メンバー構成をみれば、完全にアウェーだし、曲もブルース。

おそろしいはずだ。

厚顔無恥と言われかねない顔合わせだが、きっと、プレーンな気持ちでお互い向き合ったんだろう。

なぜなら、このあともしばらく、Branford と Kenny はツアーを共にしている。

臆せず多様性を認め、その渦の中に自ら飛び込む勇気が、新しい創造を生んだ、良い例だと思う。

それができる度量の大きさがあってのことなんだ。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

最近の投稿

カテゴリー