1. HOME
  2. ブログ
  3. 自由と自立(2)

自由と自立(2)

1998年に今の大学に赴任した時、形成外科は外科学講座の中の診療班という立場だった。
独自のポストはなく、講座費の割り当てもない。
すべて、外科教授の指示と許可の下に、という状況だった。

それまでいた東大では自由にできていたので、なんだか他人の家を間借りしているみたいで、少々居心地が悪かった。
ただ立場も年齢も低いので、どうすることもできなかった。

それでもやれることはたくさんあった。

まず、自前で医局運営費を調達した。
そして自分たちの、身近の仕事の環境を改善した。
道具を揃え、ちょっとしたシステムを調整し、人の意識を変えた。

単なる間借りから、小さくても自由に使える台所と風呂が手に入った感じだった。

ちょっとしたお金があれば、ささやかな自由と自立が得られるんだと、この時は思った。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

最近の投稿

カテゴリー