1. HOME
  2. ブログ
  3. 手術がうまくなりたいんです

手術がうまくなりたいんです

センセー、ぼく、手術がうまくなりたいんです。でも、なかなか症例を経験できないので・・・それで、どうしたら先生のように、○○の症例をたくさんできるようになるのか教えて頂けませんか?

う〜ん、それはね、まずラーメン屋を始めようと思ったら、旨いラーメンが作れるようにならなくちゃいけないのと同じだと思うよ。
まずはたくさん勉強して、技術を磨かなければね。きちんと手術ができるようになったら、そのうちに患者さんが治療を求めてやってきてくれるし、ドクターも紹介してくれるようになるよ。

でも、技術を磨くといっても、そもそも患者さんがいなければ、技術を磨くこともできないのではないでしょうか。やっぱり先生のところのように、症例のあるところに所属していなければ、結局いつまでたっても、這い上がれないっていうか・・・

あ〜、まあおっしゃることもわからなくはないけど・・・
もちろん技術を習得するには、ある一定の数の経験が必要なのはそうだよ。
でも、だからといって、所属までする必要はないと思うよ。数回見ればいい。

そんな・・数回見ただけで、できるはずがないですよ。
第一、危険すぎませんか。

いや、別に2〜3年目の初心者のことを言ってるんじゃない。7〜8年目以上の専門医だ。基礎のできてる外科医なら、見ただけでできることも多いよ。なぜなら、手術は基本的な技術の組み合わせだからだ。それに目やカンがよければ、危ないところも含めて察することができる。

たとえばさ、自動車免許を取った時のことを思い出してごらん。
何回か路上の訓練を受けて、試験に受かったらすぐ独り立ちするじゃない。あれってすごく怖くなかったかい。安全にゆっくりは運転できても、はじめは車の流れに乗ったりできないし、首都高なんかほんとに恐ろしかったよ。でも実際に一人で走らせて、多くのことを経験してゆくうちに、初めての道でもすんなり走れるようになる。

手術も同じだよ。
どんなに上手な外科医でも、初心者の時代がある。一生懸命、学習しながら経験を積んでゆくことで、だんだんとウデのいい外科医になっていく。ウマくなるスピードには個人差があるけどね。

わかりました。先生のおっしゃることは、もっともだと思います。
でも・・なんというか、やったことのない手術を見ただけでする・・というのは、どうしても抵抗があるし、正直コワイです。

たぶんね、あ、あなたのことじゃないけど、そういうヒトは、技術を受け身で習得してきたんじゃないかな。
そりゃ医局やら、数人所帯の病院に所属していれば、なんとなく症例がまわってきて、オペになれば上司が熱心に教えてくれるだろうよ。そうやって経験を積みながら、やがて一人でできるようになる・・と思う。でも、そこに少しでも能動と責任という姿勢がないと、教えてもらった以上のモノは、その後も絶対に習得できないよ。

だから大事なのは、目の前にあることをひとつひとつ全力で行うことだよ。
毎回、前回の自分を超えるようなパフォーマンスを意識して、少しでも正確に、早くできるようにするんだ。そして必ず結果を評価して、次の手術にフィードバックする。
ね、やることはシンプルでしょ。
今のあなたに、やって無駄なことなど、一つもないと思うよ。

だから、がんばってね。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

最近の投稿

カテゴリー