1. HOME
  2. ブログ
  3. ウランバートル

ウランバートル

大学の留学生関連の仕事で、モンゴル・ウランバートルに行く。

モンゴル帝国・・・・チンギスカーン・・・・お相撲さん。。。

実に、情けないほどの知識しか持ち合わせていない….

しかし、まずは行ってこの目で見て、肌で感じてみないことには始まらない。

で、ミアット・モンゴル航空の機内雑誌から。

イケメン・・・だ。
高級カシミアで、バッチリ、キめている。

夕刻に着いたが、あたりはひんやりと薄暗い。

それにしても、道が。。悪すぎる。。
舗装率は、首都圏でも6割くらいか。

それでも、レクサスやBMW、ベンツといった高級輸入車が多い。
凸凹の悪路を、ほこりをまき散らしながら、ガンガン走っている。

インフラ整備の遅れは、やはりかつてのソ連統治の影響とのこと。

エストニアでも走っていた、トロリーバスがここでも。

無事仕事が終わって、夜は「モンゴル料理」を先方のドクターにごちそうになった。

「典型的なモンゴル料理が、食べたいです!」
「わかりました、私が見繕いましょう!!」

で、出てきたのがこれ。
トルゴイ

おお、いい匂いだ。
羊肉・・かな。好きです。

・・・って、この下にあるの、cranium(頭蓋骨)!?

ここがOrbit (眼窩)で、これmandible(下顎)!!

おお、サンキュウ、嬉しいです、大好きです。
とっても、おいしいです。

ぶすっと、フォークで刺したら、なにやら丸いモノが。

ああっつ、Globe(眼球)ですねっ、これ。

うまそう〜(解剖学的に?)

う〜〜〜ん、やっぱ、Vitreous (硝子体)、うまいっ!
でも、extra ocular muscle(外眼筋)も、かなりイケル!

この後は、スープやらホーショールやら、頂いたが
先のインパクトが強すぎて、あんまり記憶にない。

途中から、ウォッカを飲みながら騒いでたこともある。

でも、おかげで、モンゴルの女性の魅力とか、恋愛事情とか、離婚率とか
面白い話をたくさん聞けて、ほんとに楽しかったです。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

最近の投稿

カテゴリー