1. HOME
  2. ブログ
  3. 真夏の夜のゆめ

真夏の夜のゆめ

病院の検査室に居た。

目の前に、しろいおしりを出した人が横たわっている。

その向こうには心電図計があり、脇に高名な医師が立っている。

彼が、吸盤の電極をおしりに付け始めた。
どうやら心電図を取るらしい。

「えっっ、い、いつから、おしりで取るようになったんですか?」

思わず聞いた。

「去年くらいかな、私も知らなかったんだ。」

涼しい顔でそう言いながら、電極を付けている。

医学の進歩は、すごいなぁ、と感心しかかったが、
これって、進歩なんだろうか、と思いとどまった。

でも、なんかお灸みたいで、胸よりは気持ちいいかもしれないな、
などと考えていたら、目が覚めた。

このところの暑さのせいか、妙な夢だった。

でも、なぜ、あの高名な医師だったのかわからない。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

最近の投稿

カテゴリー