1. HOME
  2. セミナー
  3. SHARE
  4. ルーペ・手術機器のおなやみ相談

ルーペ・手術機器のおなやみ相談

これまで10種類以上のルーペを使ってきたスガワラが あなたにピッタリのルーペをいっしょに選びます!
どのメーカーのを買おうか迷っている人,今使っているルーペがもうひとつしっくりこない人,私のこれまでの25年以上の使用経験からばっちりアドバイスします.

ルーペを選ぶときに いちばん大事なのはバランスです.
ルーペ本体の拡大率や重さにくわえ,使用状況,使用時間,ライトとの併用,裸眼か矯正視力か,などなどを考慮して,もっとも適切なルーペをご提案します.もちろんバイトとかに行く場合などの,持ち運びについても大事だしね.安くない買い物だし,できれば10年くらいは使いこなして欲しいと思います.

セミナーは,ズームを使った1対1のブレスト形式になります.
日程,時間については,打合せをして決めますので,お申込フォームからご希望の日程をお知らせください.

コンテンツ

なぜルーペを使うの?

形成外科,美容外科では,細かい作業が多いので,拡大して見たい場面があるよね.
「顔を近づければよく見えるよ」と言うドクターもいるけど,それじゃ上手く持針器とか摂子をを使えないよね.顔を近づけると,姿勢が悪くなるから,疲れやすくなるし,術野全体も俯瞰できない.それになんといっても,見た目が悪い! 術野にかぶりつくようにして手術をしている外科医なんて,ぜんぜんかっこよくないわ・・・下手くそに見える・・
なんにしても,術野がクリアにみえるし,手術の精度が上がることは間違いないです! 顔のオペ(特に目,鼻)をするのであれば,もう必携でしょう.

いつごろからルーペを使った方がいいの?

早ければ早いほどいいです.間違いないです.
ルーペは,慣れるのにちょっと時間がかかります.ですから若く適応能力の高い時期に,慣れてしまった方がよいでしょう.
それに,助手のときって,どうしても手術が見にくい立ち位置になりがちですよね.そんな状況でも,ルーペを着けていれば何をやっているのかが,バッチリ見えます.スキルアップには欠かせません.

知っておくべきルーペの基本とは?

ルーペを選ぶときにもっとも重要な要素は
1.視野角
2.倍率
3.ワーキングディスタンス
4.焦点深度
です.これらはメーカーや機種によっても異なりますが,まずは自分にとって,どういうスペックが適しているかを見極める必要があります.

使いやすいルーペとは?

ルーペのスペックが重要なのは,そのとおりなんですが,じつはそれ以外の要素もけっこう大事なんです!
「よく見えるんだけど,どうもすぐに首とかが疲れちゃって・・・長く使えない・・」
「重すぎて,すぐに鼻あてのところが痛くなる・・・」
「普段はコンタクトを使ってるんだけど,眼鏡との併用も考えてて,なにがいいのかわからない・・」
こうした声は良く聞きます.無理して使うのは,ほんと良くないです.
ガリレオ式がいいのか,プリズム式か,固定かフリップか,角度やフレームのタイプなどなど,状況に合わせてアドバイスします.

いっしょに揃えた方がいいものって?

ヘッドライトなどのオプションについても,ご相談にのります.

日時  日程と時間については お申込後に調整いたします
場所  zoom による1対1セミナー(30分)
参加費 ¥3,000

お申込はこちらから

 

COMING

これからのセミナー | SHARE