1. HOME
  2. ブログ
  3. よしゆきせんせい

よしゆきせんせい

こちらも、有名な吉行淳之介先生

しばらく前にNHKの朝の連ドラで 「あぐり」をやっていたが、その中に出てくる吉行あぐりとエイスケの子どもにあたる。

もちろん小説家としても有名だが、エッセイ、対談の名手としても知られる。
どの小説にも漂う空気が好きだったが、対談集もたくさん読んだ。

今は、絶版になってしまったようだが、『四角三角丸矩形』 創樹社、1974年は、そうした多彩な彼の活動をまとめたような、いわばベスト盤のようなものだ。

表紙裏には、マリリンモンローがベッドでシーツにくるまり、ミルクセーキを飲んでいる白黒写真が載っている。
手に入れた中学生当時は、かなり、どきどきした。早熟なエロ中坊だったのかもしれない。

軽妙洒脱なエッセイ、書評、遠藤周作澁澤龍彦川上宗薫島尾敏雄といった著名人との交友録、団伊玖磨北杜夫らとの対談、鼎談。
本というよりも、ハードカバーの雑誌といった体裁に近い。
吉行が、その3年ほど前に初代編集長として「面白半分」という雑誌を発行しているのだが、それにも通じるものがある。
(「面白半分」は、本当に面白い雑誌だった。面白半分 – Wikipedia

この世代の人たちの多くが、戦争や大病などで死を意識した経験を持つ。
あるいは、大きな価値観の転換に動揺している。
文脈に漂う斜めに構えた風情は、おそらくこうしたことから醸し出されているのだろう。

私は、吉行先生の、腹の据わった諦観に裏打ちされた、貪欲に自由へ向かう強い生のベクトルが好きで、
そうしたことから、まさに、先生なのです。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

最近の投稿

カテゴリー