1. HOME
  2. ブログ
  3. すてぃーぶせんせい

すてぃーぶせんせい

スティーブ・ジョブズ 先生には、長くお世話になっている。

1993年から使い始めた アップル。 はじめはマッキントッシュQuadra 800だった。

OS7(漢字トーク7)以降、幾多の苦難を乗り越え、ようやく安定するようになった OSX10.2。
そうした中、私が学会で10分以上の発表をするようになった2003年に発売された Keynote は、まさに革命的なアプリだった。

それまではAldus Persuasion, MS Power point を使ってきたが、Keynoteは頭の中をモニターに映し込んでくれるかのような、Brain Storm な製品だった。
きわめて自然体なインターフェース。
ロジックの隙間を気づかせてくれるレイアウト。

それだけでなくデザインの持つパワーを思い知らせてくれた、アプリだった。
今では、これ無くしてプレゼンの組み立てはできない。
ただ、困ったことに学会ではPPTでのデータ持込の指定がほとんどだ。
(すみません、パワポ持ってないので、といつも知らん顔でPCを持込でいるので、実際は困ってないんだけどね)

一度は、自分が設立した会社から追放され、カムバックのあとさまざまな困難を乗り越え、新しい時代を創造してきたスティーブ先生には、教わることが多い。

無意味だと言って大学を中退したにも関わらず、スタンフォードの卒業式に招待され基調講演を行った。
その中の締めくくりの言葉。

Stay hungry, Stay foolish.

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

最近の投稿

カテゴリー