1. HOME
  2. ブログ
  3. マイクロファイナンス その3

マイクロファイナンス その3

なぜ貧困から抜け出せないのか。
それは、お金が循環しないためだと、マイクロファイナンスインターナショナル社長の枋迫篤昌(とちさこ)さんは言う。
貧困社会を無くすには、お金が回るシステムを構築するのが重要だという理念の下、ワシントンで起業された。

少し古い記事になるが、読んで頂ければわかると思う。
http://thurly.net/05h3

人がなんらかの労働をして、その対価としてお金を手にする。
そしてお金を使って、生活に必要なモノを手に入れる。
こうした一連の流れがある量でまんべんなく循環する社会は、貧困から抜け出せる。

そのためにはまず、システムが立ち上がるだけの起業資金が必要で、この貸し付けを低金利でする。

最初にこのことを知った時、とても感動した。
これほど現実的で、自立的な援助システムは、他にない。

お金と社会は表裏一体で動いている。
当たり前のようなことだが、その中にいると、気づかなかった。

ただ医療界では、こうしたお金の話を微妙に遠ざける空気がある。
それは、赤髭に代表される医療の持つ根源的なヒューマニズム
現実的な資本主義社会とが軋轢を生じやすいからかもしれない。

しかし、お金抜きに今の医療は成立しないことは、誰の目にも明らかだ。
お金とは、しっかり向かい合う必要があると思う。

西原理恵子のこの世で一番大事な「カネ」の話
いつも油断しないできちんと向きあう必要がある、というよいお話。

この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!セ)

この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!セ)

.

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

最近の投稿

カテゴリー