1. HOME
  2. ブログ
  3. 外科医の止め時

外科医の止め時

先日、ある同業者と話をしていて、いくつまでオペができるか、という話になった。

MichiganのPlastic Surgeon, Ian Jackson は、75になって、契約病院から出入り禁止を言い渡された。本人はまだまだやる気だったが、物忘れがひどいらしい。

ParisのPaul Tessierは、74くらいまで現役だった。

森清一先生は、79才のころ仕事をされているのを、私が麻酔科のトレーニングをしている際に拝見した。ただ周囲の方から興味深いお話をたくさん聞かされた。

私自身の止め時は、おそらく自覚するだろうと思っている。
なぜなら、今までも何回か止めかかったことがあるからだ。

その引き金は、飽きることだった。
「まだ、縫うのかぁ〜」とか、「うえ〜めんどくさぁ〜」
と思ったら、もうダメだ。やる気が失せる。そんな気分でオペはできない。

これまで幸い、飽きかかる度に面白いネタが見えてきて、持ち直した。
これがあと何回あるかで、私の外科医の寿命が決まる。
面白がる体力が続くまで、ということのようだ。

.

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

最近の投稿

カテゴリー