1. HOME
  2. ブログ
  3. いいかげんなのに 変にきびしい

いいかげんなのに 変にきびしい

唇裂の術式改良が、目下の関心事。

この1年で、多くのことがわかった。

  • 形態異常の三次元的意味とその解除
  • 適切な機能再建
  • 軟部組織の幾何学

これまでは、曖昧さのいくつかを見ないようにしていながら、厳格にデザインし、

そして、7割の成功が手に入るという不思議な術式が多かった。

だから、何となくだが、腑に落とされていた。
信じ込まされていた。

でも、もう違う。
かなり、見えてきた。

来年には、結果の安定率を、95%に引き上げられるだろう。

唇裂の手術方法に、トドメを刺すことができるかもしれない。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

最近の投稿

カテゴリー