1. HOME
  2. ブログ
  3. モードジャズ

モードジャズ

ジャズのスタイルに、モードというものがある。
テーマに続くアドリブパートが、(時にテーマも)2-5-1といったコード進行ではなく、基調になるスケールで構成されているのが特徴だ。

このため、なんとも言えない浮遊感というか、自由というか、開放的な空間が演出される。

このモード時代を切り開いた曲が、Miles Davis の so what だ。

まずは、発表当時1959の第1期黄金バンドによるもの。
健康的なコルトレーンが見える。

なんとも都会的でクールなトーン。
しびれる。ぞくっとする。

次は1964の第2期黄金バンドによるもの。
モードの解釈が、さらに自由度を増した時代だ。
ほとんど、なんでもありという膨らみ方だ。

攻撃的でエッジのたったトーン。
こちらも、しびれる。ぞくっとする。

このあとのマイルスがどうなったのか。
・・・すごいことになってます。

幸いに私は、1988年のライブ・アンダー・ザ・スカイで見ることができた。

実に、過激でパワフルで、多彩な展開に、くらくらした。
進化し続けたマイルス。かっこよすぎる。

その頃の番組から。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

最近の投稿

カテゴリー