1. HOME
  2. ブログ
  3. 大間のまぐろ漁

大間のまぐろ漁

大間で、まぐろ漁をしている漁師の方の仕事を、テレビで見た。

海に出掛け、一人で船を操りながら、まぐろを一本釣りする。
その日は、一匹も掛からない。
夜中に竜飛を抜け、対岸の北海道の港に移動し、仮眠を取る。

そしてまた、漁に出掛ける。
しばらくすると、海が荒れてきた。
諦めて、港に戻る。

何十日も釣れない日が続く。
海が荒れ、何日も出られない日もある。

それでも、淡々と、仕事をする。
努力を重ね、勉強を継続する。

そして、大物マグロに「選んでもらう」その時を待つ。

すべてが、自然を相手としている。

天候、潮、生き餌、そしてマグロ。

医師も、自然科学を相手にしている。
経験や知識が、治療成績の確率を高めるが、完全ではない。

だからこそ、驕らず、淡々と仕事をするしかない。
努力を重ね、勉強を継続するのも、当然だろう。

医師とは、そういう種類の仕事なのだ。

60才になる漁師の姿をみて、
私も、そんな風に仕事に向き合ってきたか、
しばし考えた。

関連記事

最近の投稿

カテゴリー

月を選択