1. HOME
  2. ブログ
  3. AO Focused Seminar

AO Focused Seminar

先週に引き続き、湘南でAOコース。
Faculty として Fernando Briceno (Colombia) Moni Kuriakose (India) Lim Kwon Cheung (Hong Kong), 竹信俊彦 赤松正、菅野貴浩 各先生をお招きする。

Midface deformity という深いテーマ。
先天異常、外傷、腫瘍といった、条件の異なる環境からの問題点を探って行く。

わずか5センチほどの狭いエリアに、眼球、鼻腔、上顎、頬骨といった構造体が、密集して存在している中顔面。そして、それらのすべてにおいて、機能的にも審美的にも高いレベルでの再建が要求される。

外科医にとっては、challengingなフィールドだが、ハードルの高い部位でもある。

Multi-modality というか、plastic surgeon, oral surgeon, reconstructive surgeon, micro surgeon それぞれの立ち位置からのアプローチを横断的に聞いていると、いろいろと見えてくるものが多い。

最終日に用意した講演のテーマについて、思うことが生じて、結局朝の3時まで修正していた。

面白い内容に生まれ変わった。
2年前のHFMに対する ”X-Job” の落としどころが、見えた気がする。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

最近の投稿

カテゴリー