1. HOME
  2. ブログ
  3. どうあるべきか、いつも考える

どうあるべきか、いつも考える

プロゴルファーのアニカ・ソレンスタムを育てたコーチ、ピア・ニールソンの言葉より

1打でも少なくボールを沈めさせることができるコーチがよいコーチなのです。どんなに綺麗なスウィングができても、人より少ないストロークをマークしなければ勝てないのがゴルフなのです。

ではどういうコーチングがよいのか。人間は個性があって同じ人はいないので、10人に指導しようとすれば10通りの指導法があると言うことです。アニカのスウィングについて、いろいろ言われますがアニカにとってはそれが世界一のスウィングであって、その他にはないのです。

いろいろなインフォメーションを与え、ゴルファー自身からも可能性を引き出します。そして私自身も完璧ではありませんから、同時に学ぶ事になります。

よい医師がどんな医師かは、この話から自明だろう。
患者を安心させる、幸せにするのが医療なのだ。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

最近の投稿

カテゴリー