1. HOME
  2. ブログ
  3. 自由と自立(4)

自由と自立(4)

当時、私を入れて3名のスタッフが提供する仕事の質は、決して悪いものではなかったが、
まだまだ一流にはほど遠かった。

スタッフ全員で、走ることにした。
依頼された仕事は、すべて精一杯やった。

できるだけ、よい仕事をするようにした。

よい仕事をすれば、もっとよい仕事がやってくる。
よい仕事をたくさんすれば、それが新しい価値になると思った。
新しい価値は、われわれに立ち位置を提供してくれる。

それから、10年が経った。
きわめて優秀で多様な才能を持った6名のスタッフと共に、今も走っている。

新しい価値が生まれたのかどうかは、よくわからないが、
比べるものは全くないので、シンプルに対象に向き合うことができている。

だから、みんな前を向いて、顔を上げて立っていると思う。

どうしたら自由になれるのか、どうすれば自立できるのか、ずっと考えてきた。

もしかしたら、こうして走っていられること自体が、自由というものなのかもしれない。
仲間に支えられながらも、自分の足で走り続けることが、自立なのかもしれない。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

最近の投稿

カテゴリー