1. HOME
  2. ブログ
  3. 勝負!

勝負!

ちょっと、たとえがよろしくないかもしれないが、
手術は、術野という相手に対して、術者というプレイヤーが勝負をする戦いのようなものだ。

悪性腫瘍が、臓器に固く張りついているような時、

「どうやってこいつを引きはがそうか」
「こいつの裏には、もしかしたらごっつ太い血管があって、大出血させようとする罠があるんとちがうか」
「よっしゃ、この武器(道具)を使えば、ワシの戦略どおりに事が運ぶじゃろう」

というようなことを思いながら(独り言をいいながら)やっている。

もちろん患者さんという一人の方の治療を行っているのだが、
実際の手術の現場では、癌や骨折といった具体的な事象に向き合うわけで、
「そいつ」と勝負するという感じに成らざるを得ない。

そしてその勝負には、かならず勝たなくてはならない。

だから、手術中の外科医の振る舞いを、患者さんの家族は知らない方がよいと思う。
きっとそれは、大事な「ひと」を扱う所作ではないように感じるだろう。

手術室にいる時の外科医は、「そいつ」には絶対に負けられない鬼のような勝負師になる。

そうでなければ、あんな恐ろしいことを「ひと」にできる訳がない。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

最近の投稿

カテゴリー