1. HOME
  2. ブログ
  3. 3度目

3度目

実は、この冬に鎖骨を骨折した。

不覚にも、楽しいテレマークスキーの最中だ。

10年近く滑っているのだが、まだまだ初心者の域を出ない。
ヒールフリー(踵が浮く)なので、不安定でしょうがないのだが、
それが、なんとも楽しい。

バッチリ板に乗れた時の気持ちよさは、格別だ。

今回も、快調にふわふわ、ゆらゆら滑っていた。

天気もよくて、気持ちいいなぁ〜
このところ、仕事ばっかりだったからなぁ〜

すこし傾斜が強くて、バーン気味のところを、うまく乗り切った時だった。

おちょ・・ちょっっと。

山側のエッジを引っ掛けて、バランスを崩した。

でも、転ぶのは、慣れている。
そう、いつもの、ことだから。

「あれ〜、また転んじまったよ〜
ん? 左肩が、痛いぞ?
打ったかなぁ」

ゆっくり起き上がろうとストックを刺そうとしたら、
バギっつ・・・と音がした。

・・・ッ・イ・タ・・

久しぶりに経験する痛さだ。

頭の中の記憶から、痛みを検索する。

小学5年の時に、崖の上から飛び降りて遊んでて、
左のcolles骨折をした時の痛み

高校2年の時に、サッカーの試合中、背中から倒れる時に手をついて
右のcolles骨折をした時の痛み

と、同じだ。

う〜〜ん、これはやはり、骨折か。

同行してた医局のスタッフに、連れてってもらった
近くの病院で、X線を撮ってもらった。

「あ〜、折れてますね。粉砕、うん。オペかなぁ〜〜」

翌日に、ウチの大学の、すごくいい先生が診て下さって
「センセもお忙しいでしょうし、保存でいきましょう!」
と力強く言って頂けたので
「ハイ、よろしくお願い致します」とお任せした。

ケガのタイミングがよかったため、仕事に大きな支障がなくてすんだ。
もちろん、スタッフがたくさんカバーもしてくれたことも大きい。

それでも、しばらく洗髪やら着替えやらが辛くて、はあはあ言いながらやっていた。
なかでも、いちばん辛かったのが、スクラブ(手術衣)の着替えだった。

なるべく大きいサイズを選んで袖を通すのだが、首と反対の手を通すたびに、肘を持ち上げなくてはならない。

あまりの痛さで、首と腕を通す途中で、しばしば止まって唸っていた。

「せんせい、お手伝いしましょうか? こっちひっぱったらいいですか?」
お隣で着替えていらした、他科の教授が見かねて、申し出て下さった。

「い、いえ、ああ、ありがとうございます・・じゃ、この袖のところを・・」
「いいですか、じゃ・・」

いたたたたたたたててぇ〜〜〜〜

今回、身体に制限が加わることで、周りがいつもと違って見えたことが、おもしろかった。

今ではもう、ばんざいができる。

からだは、ケガの前に戻ったのだが
あのときに見えた景色が、すこし気になっている。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

最近の投稿

カテゴリー