1. HOME
  2. ブログ
  3. 対話から生まれる

対話から生まれる

NTT関東病院、心臓血管外科部長の田鎖 治先生との対談企画で、丸の内Four Seasons Hotelへ。

saphenous vein graft におけるdonor site のSSI 改善のために、形成外科の立場からアドバイスを行うというものだ。

用意されたスーペリアスイート!!

すごい、来日ハリウッドスター並だ。

重厚で趣のあるダイニングテーブルには、なんと、ハンズオンのための豚皮が、セットアップされている。

撮影スタッフも入れると、総勢10名で行うイベント。

実際の手術ムービーを見ながら、手術の背景や手技の意味を伺う。

年齢や男女差などの疾患の特徴、そして手術時の体位や術者の立ち位置、ヘパリン化や時間経過など、さまざまな事情がその手技の裏側にはある。
だから、「キズはこう閉じるべき」という原理原則だけに従うのは、無理や無駄を生む。

対談の中から、たくさんの気づきがあった。
手技の意味付けが、ますます厚くなる感じがした。
幸い、田鎖先生にも有益な情報を提供させて頂くことができたようで、収録後も、しばし昨今の医療環境について話が弾んだ。

それにしても、今まで体表のほとんどの場所を切って縫って、すべての外科系診療科と仕事をしてきて、というワークスタイルが、外科手技の基本であるアプローチとフィニッシュに関するオペレーションを横断的に捕らえ、ある体系にまとめられるのだということに驚く。

企業コンサルタントにも似た、医療への関与の仕方を、形成外科は考える時代なんだろう。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

最近の投稿

カテゴリー