1. HOME
  2. ブログ
  3. 馴染むノラ

馴染むノラ

Norah Jones の ….Featuring を聴く。

多方面のミュージシャンと競演したチューンのコンピレーションアルバムだ。

よいよ〜。
声が、いろんなタイプの楽曲に馴染む。

あのWillie Nelsonの声にも、棒にパン生地を巻き付けるような感じで、しっとりと馴染む。

Hancock のピアノのラインにも、パズルの隙間を埋めてゆくようなボーカルライン、馴染む。
Wayne Shorterのソプラノが、また、よいぞ〜。

Ray Charlesを手玉にとる軽快なヴォーカル、馴染む。

Brooklyn育ちのラッパーにも気負わず、ベースラインの歌声、馴染む。

器用に合わせているわけではない。
懐の深さというか、たくましい個性というか。

もちろん、才能と技術があってのことなんだが、
こういう自由さと多様性には、アメリカらしさ感じてうらやましい。

パパがラビ・シャンカールということもあるのかしらん。
多彩な共演してたからなぁ。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

最近の投稿

カテゴリー