1. HOME
  2. ブログ
  3. ホスピタリティー

ホスピタリティー

北里大学でMCDO法による手術をさせて頂いた。
主治医の池本先生を始め、黒柳先生、内沼教授、武田准教授がとてもていねいなアレンジをして下さったおかげで、きわめてスムースに行うことができた。もちろん赤ちゃんも元気で、本当によかった。

きっかけは患者さんのご両親が私の施設まで、セカンドオピニオンを聞きにいらして下さったことだ。
いくつかの治療法の中で、やはりMCDO法が一番よいとお考えになってその治療をご希望されたのだが、自治医大は現在約3ヶ月先まで手術予約で埋まっており、そうなるとどうしても治療のタイミングが遅れてしまう。

ご両親とご紹介頂いた池本先生に北里大での手術をお願いしたところ、快く受けて下さった。

手前味噌ではあるが、この方法はバランスのとれたとてもよい方法だと思う。
手術時間とか入院期間とか問題は少なからずあるが、それ以外の有益な面がとても多い。
どんな施設でも行うことができるとは思わないが、大学病院クラスであれば大きな問題はない。

患者さんのご両親が、できるだけ精神的・経済的なストレスが少なく治療を受けられる環境が国内で整備されればいいのにと、いつも思う。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

最近の投稿

カテゴリー