1. HOME
  2. ブログ
  3. ブラックジャック

ブラックジャック

このところ外科医を評する言葉として、ブラックジャックがよく使われている。

“腕の立つ外科医” ということらしい。

ジョンソンアンドジョンソンがキッザニアで行っている
子ども向けの体験教室もブラックジャック・セミナーとのことだ。

でも、私にはちょっと 違和感がある。

手塚先生のブラックジャックは、腕は立つが無免許のもぐりの医師で、
患者の弱みにつけ込んで法外な治療費をふっかけるし、
患者の容態が思わしくなくても手術はうまくいったんだからと、相手にしない。

たまに、人助けのようなことをするが、それとて
「くそっ、なんでオレがこんな事をしなきゃなんないんだ」という感じだから
腕は立つが 果たして医療者として いかがなものか とも思う。

ブラックジャックは、人を切ることを仕事とする者の原罪を抱えた
外科医のアイコンと、私は捉えている。

治療という名の下に人を切る。
それは仕事でもある。

だが術後の痛みに歪む患者さんの顔を見る度に、辛い気持ちになる。

25年以上も切ってきた外科医には、知らないうちに重いモノが堆積している。

そういった意味では、ブラックジャックに近づいているのかもしれない。

ヤングブラック・ジャック 1 (ヤングチャンピオンコミックス)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

最近の投稿

カテゴリー