1. HOME
  2. ブログ
  3. 教授の教授による回診・・

教授の教授による回診・・

教授回診はだれのためだったのだろう。

これまで、自分が付いた回診の場面を思い出しても、ほとんどの患者さんはあまりうれしそうでなかった気がする。
緊張してベッドの上で正座していた方も、いらした。

医局員も、(たぶん)あまり楽しくない。
先達が指南してくれるというより、どうしてオレの方針でやらないんだ、みたいなお叱りがイヤ、という声も少なくなかった。
そう考えると、教授回診で楽しいのは、教授だけかもしれない。あるいは、一部の“お付きの人”だけだろう。

そんなわけで、ウチでは10年以上、教授回診はない。

その代わり、術前カンファでは細部まで打ち合わせをし、トラブルになりそうなケースは、早めに“教授”が対応する。
こういう場面での”教授のひとりぼっち回診”は、効く。意味がある。

たまに私一人でふらっと病棟を回ったりするが、それはナースの愚痴を聞きに行くためだ。
一人の方が、不満を拾いやすいということもある。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

最近の投稿

カテゴリー