1. HOME
  2. ブログ
  3. 顔と社会 2

顔と社会 2

2美しいこと

美しいと人目を引く。
そして、ひとを気持ちよくさせる。

形そのものが、プラスのメッセージを出す。
人は価値を与え、賞賛する。

しかし、本人の思いもよらぬところで、高みに上げられてしまう。
何かの拍子に中身が露呈すると、その落差以上に不当に低く評価されてしまう。

やっかみも加わると、手のひらを返したように激しく攻撃される。

そしてその美しさは、時間と共に減ずる。

一方で、美しい造形は、声や仕草でも増強される。
人々の素直な気持ちが注がれ、別の高みにあがる。

思いが純粋であればあるほど、美しい造形は崇高なものになる。

だから弥勒菩薩のお顔は、毅然と美しい顔でいる。

人は、美しいことに寄りかかり、そして救われてきた。
これからも、変わらない。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

最近の投稿

カテゴリー