1. HOME
  2. ブログ
  3. 契約ということ

契約ということ

関西から患者さんがいらした。

難しい治療を必要とする方なのだが、前医では2回の治療が必要でいずれも保険の適応になるとのことで、初回の手術を受けられた。

しかし、思ったほどの結果が出ず、また2回目以降はすべて自費診療になると言われたとのことだ。

思わず「それって詐欺じゃないですか? ひどいなぁ〜」と言ってしまったが、
「ええ、でも西では名の通った方ですので、なかなか・・・」と、淋しそうにおっしゃった。

もちろん外科医療なので、感染や血腫といった防ぎきれない合併症が、ある確率で生じる。
しかし、これは単に計画が甘かったが故に生じた、契約違反である。

人にメスを入れるということは、責任をもって治療を完結させることで、はじめて許される所作である。
この場合のようにお金で完結できるのであれば、それくらいの責任はとるべきだろう。

そうでなければ、もうメスを下ろして頂いた方がよい。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

最近の投稿

カテゴリー