1. HOME
  2. ブログ
  3. 新潟の社長さん

新潟の社長さん

新潟で進めている、経産省の課題解決型支援事業が、無事採択されたとの連絡を受けた。

これで、いよいよ新しいデバイスの量産化に掛かることができる。
(新潟で旨い酒も飲めるっ〜!)

それにしても、新潟で会う町工場の社長さんたちは、強い。
男として「立って」いる。
太い大人だ。

大きな組織に寄りかかるのではなく、政府の保護下に置かれる訳でもなく、市井で逞しく生き抜いている。
温い環境を、あえて避けているかのようでもある。

ひとりで立てることは、若い頃からの憧れだった。

きっかけは、15歳のときの出来事だ。

のどかな地方の中学卒業式を終えた後、街に1つある小さなデパートのエスカレーターに乗っている時だった。
「ああ、今はもう○○○中学生の菅原君じゃないんだ。でも高校生でもない。じゃ、何の菅原君なんだ」と思った。

「無所属の菅原」でいることが、とても心許なくて怖かった。
拠り所のないことが、不安だった。

それから、ずいぶんと、大きな組織の中で仕事をしてきた。
よいこともあったが、甘えていたところもあった。

気をつけないと、ふやけた体になる。
骨太でいたい。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

最近の投稿

カテゴリー