1. HOME
  2. ブログ
  3. わたしの美容外科修練 その4

わたしの美容外科修練 その4

週1日 定期的に行ってたクリニックは いわゆる大手チェーンクリニックだったんだけど そこのある同系列のクリニックから 月に1〜2回手伝いに来て欲しいというお誘いがかかった

美容外科がおもしろくなってきてたところだったので 二つ返事で 行きます と答えた

そこの院長は 形成外科のバックグラウンドを持たない先生だったけど いわゆる美容外科らしい考えでアプローチされてて それがとても新鮮だった

え〜〜 こんなんでも 患者さんが満足するんだーー

それまで私は だれがみても あきらかに結果が出ているのが 正しくて なんかビミョーなよくわかんない仕上がりなのは ダメでしょう と思っていた

しかし 美容医療はそうではない
患者さんが納得することが正しくて 不満は だめ

そして その評価軸が 1.結果 2.リスク 3.ダウンタイム 4.コスト のバランスで決まることも 知った

ありがたいことに そこでも 患者さんへの術式の選択から なにから何まで 私の自由にさせてくれたので いろんなことをさせてもらった
設備を整えて骨の手術もやったし もちろん目も鼻も

このころから 3つのクリニックを掛け持ちすることになって 週のうち形成外科4日 美容外科2.5日くらいになってたと思う

2003年には 以前から交流のあった 名古屋大学の福田慶三先生と 美容塾という勉強会を始めた(福田先生との出会いは 1996年ころ 詳しくはまたどこかで)

そこで 多くのドクターと知り合うことができて そこからも いろいろとオファーをもらうことになった

結局 2000年からはじめた美容外科の仕事が 5年後には5つのクリニックを掛け持ちすることになっていた

このころは 休みは月に1〜2日くらいだったし

ひどいときは 大学勤務が終わってから移動して 20時から24時までオペしてた  もちろん翌日も朝から大学でオペとかだったから 今から思うとずいぶんと元気だったんだなぁと 思う

チャレンジングなオペをやって うまくいったり トラブルを経験したりして 外科医としては成長できたころでした

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

最近の投稿

カテゴリー